長ねぎ

レシピ検索印刷する

長ねぎ

分類 山菜・ハーブ

特徴

長ねぎの種類もいろいろ。東日本では白ねぎ、西日本では青ねぎを好むようです。
生でよし、加熱してもよし、薬味としてだけではなくメインの素材としても活用しましょう。

保存方法

泥付きのものは、新聞紙に包んで冷暗所に立てて保存。洗ったあとは、冷蔵庫へ。

下ごしらえ方法

洗ってから、養分を奪われないように根元を切り落とし、長い場合は半分に切り分けて袋に入れ、野菜室で保存しましょう。

食べ方のヒント

長ねぎは加熱すると甘味が出て柔らかくなります。鍋物、煮物、炒め物、かき揚げ、汁の実など。

閉じる