らっきょう

らっきようが出回り始めると、いよいよ夏が近づいてきます。カリッとした食感がおいしいらっきょう漬け。程よい酸味は夏の食欲不振を解消してくれるパワーフードです。色々な漬け方がありますが、今回は初めての方でも簡単にできる“甘酢漬け”をご紹介します。ぜひ、ご家庭でらっきょう漬けに挑戦してくださいね。

レシピを印刷する

材料 (6個分)

この材料の分量は「泥つきらっきょう」に添付のレシピと同じ分量になっています。

泥つきらっきょう 正味1kg
400cc
砂糖 200~400g
30~50g
みりん 150cc
赤とうがらし
(種を抜く)
2~3本
お好みで加減してください
密閉できる
保存容器
熱湯消毒して天日にあてて
よく乾かして使用する

らっきょう漬けの作り方

長く保存するとだんだんやわらかくなるので、半年以内に食べ切ることをおすすめします。
また、10~15日ほどで味がなじんでくるので食べ頃です。

1下ごしらえ(1) 2下ごしらえ(2)
らっきょうをボール入れたっぷりの水で洗い、泥や汚れをきれいに落とす。 洗い終えたら、ひげ根を切り落とす。
3下ごしらえ(3) 4下ごしらえ(4)
薄皮をむく。
※傷んだ部分があれば全面がきれいになるまでむく。
伸びた芽先を切り落とす。
※芽と根は切りすぎると甘酢が染みこみすぎ、カリッと仕上がらなくなるので注意。
5らっきょうをゆで甘酢にからめる(1) 6らっきょうをゆで甘酢にからめる(2)
鍋に湯をわかし、塩大さじ1を入れてらっきょうを30秒ほど固めに茹でる。ざっと混ぜて30秒たったらざるにあげ、水をよくきる。
※らっきょうは下ゆですると甘酢のなじみがよくなります。
鍋に「酢、塩、砂糖、みりん」を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止めて粗熱をとる。
らっきょうを消毒した容器に入れ、甘酢が熱いうちに上から注ぐ。
(辛いのがお好きな方は唐辛子を2~3本入れる。)
7らっきょうをゆで甘酢にからめる(3)  
瓶全体をふって甘酢とらっきょうをなじませる。瓶は涼しい冷暗所の常温で保管します。10~15日ほどで食べ頃になります。  

戻る

このページのトップへ