ところてん

涼感たっぷりのところてんは、冷蔵庫もなかった時代、今とは比べ物にならないほど、楽しい夏の副食品して愛されていました。
今回はテングサを直接煮だして作ります。作り方はいたってシンプル!手作りならではの、ツルツル!プルプル!キラキラ!感は格別。仕上げの、ところてんを突く楽しさは大人も子どもも大満足です!

レシピを印刷する

材料 (ところてん4人分)

天草 25g
1.5L
大さじ1

ところてんの作り方

1洗う 2煮る
テングサを水にさらし、洗ってから水気をよくきります。 鍋に水とテングサを入れ、強火にかけて沸騰させます。沸騰したら中火にし、酢を加えます。時々混ぜながら約40分、吹きこぼれない様に、火加減を調節しながらテングサがドロリとなるまで煮込みます。
3こす 4固める
布でこします。煮汁を絞る時は、熱いので注意して! 煮汁をバットにうつし、粗熱がとれるまで常温におきます。熱が落ち着くと早くも固まってきます。
5冷やして 6できあがり
冷蔵庫で約3時間、しっかり 冷やしましょう! ところてん突きの幅にあわせて切りましょう。最後のお楽しみ!ところてん突きで押し出します。

戻る

このページのトップへ